2004-02-16から1日間の記事一覧

京極夏彦『文庫版 姑獲鳥の夏』講談社文庫(講談社)

仏像評価 9 この前、直木賞をとった京極夏彦が作者。 「この世には不思議なことなど何もない」と古本屋にして陰陽師の京極堂が怪事件を解決。オカルトっぽい単語はどんどん出てくるし探偵役が陰陽師なので「そっち系ですか……」とひいてしまうのは早とちりと…

気づけば終わっている日

6時45分起床、7時40分家を出て9時出勤。21時30分退勤、22時45分帰宅。風呂、食事、明日朝の洗濯の準備、少々のネットサーフィン、で、もう0時。うぐぅ。来年度の終盤にでも転居するつもりでお金を貯めましょか。とか言って、会社辞めるとかなければダラダラ…