小林尽『School Rumble 1』KC(講談社)

仏像評価 9
ブコメ。萌えて笑えてちょっと切ない。前々から気にはなっていて、三月さんのお薦めで購入。
主人公は高校2年生の塚本天満(つかもとてんま)。彼女は同級生の烏丸大路に告白をしたいのだけどいつも失敗ばかり。なぜかラブレターが巻き物になってしまったり(しかも名前書き忘れ)、烏丸の個人情報入手のために看護師になりすましてみたり、トイレからの脱出にラバーカップを使ってみたり。
天満を取り巻く登場人物で今のところ注目すべきなのは、天満の妹であるつり目の八雲と、不良の播磨拳児です。ぬけまくりの天満に対して、八雲はしっかり者。恋愛に関しては八雲の方が鈍感ですが。2話収録されている番外編は八雲が主人公。播磨は天満と仲良くなりたいのですが、いつも失敗。天満と播磨が仲良く失敗しているのをみるのが楽しい本作。播磨もなかなか愛すべきキャラクターです。彼あってこその『School Rumble』、そう言ってしまっても過言ではない! いや、過言かな(笑)?
烏丸ってかなり謎の人物だったなあ……。異様に自転車が速かったり、合羽ではなく河童になって下校したり。現在発売中の2巻では少しはどんな人か明らかになっているのかな? なんでまた天満はそんな烏丸を……って、それは言っちゃいけないお約束ですね(笑)!