『魔探偵ロキRAGNAROK』最終話「神々の旅立ち」

仏像評価 7
萌えで最後まで引っ張ってこられてしまった(笑)。繭良、フレイヤ、ノルン3姉妹はよくやった!
ロキはオーディンと戦うために神界へ帰ることに。私、今まで「しんかい」を「深海」と脳内変換していて、ロキは深海に封印されていたのか……、などと思っていたのですが、ようやく気づきました、「しんかい」は「神界」だったんですね。
ロキは大人の姿になってしまったので、もう繭良の知っているロキはいません。ロキを捜し回る繭良。気の重い神々。
ロキと一緒にいたいと願う繭良。
人界に残ることにしたロキ。ヘルの復讐よりも、ヘルの願いと繭良の願いを大切にしたのかな。子供姿に戻って繭良の前に姿を現す。
繭良萌えくらいしか言うことが……。ちょっと薄かったね、やっぱり。それを意識しつつも観てしまう私も私であり、『魔探偵ロキRAGNAROK』は萌え力の強いアニメであったのです。
ED終わったあとの後日談みたいなシーン。燕雀探偵社を訪れたあの娘はいったい……。オーディンの新しい刺客? なんかすごい終わり方するなあ(笑)。