『Avenger』7話「BARBAROI」

仏像評価 8
たぶん最終回まで観るとは思うけど、感想を書く気力があまり出なくなりました、この作品。気力の他に感想(あらすじ)を書きやすい(思い出しやすい)構成か否かということもあると思いますが。2003年度上期なら、『LAST EXILE』はとても感想を書きやすかった。『機動戦士ガンダムSEED』や『TEXHNOLYZE』も。
ネイが人間らしいということがヴォルク側にばれて、ヴォルクは全力でネイを奪おうとして最新式のドールを投入。そのドールたちはネイを模してつくられた、へらへら笑う気味の悪い連中。でもちょっとかわいいかな(笑)。大量のドールたちがレイラを押しとどめているうちに、ネイはさらわれてしまいます。レイラ叫ぶ。そしてネイはヴォルクの研究所でメディカルチェック。そしてヴォルクは要ヘアチェック。
次回はヴォルクの髪がふさふさだった頃=ハゲ隠しをかぶらなくても良かった頃の話が出てきそうです。そんな次回予告でした。