『鋼の錬金術師 3』追記。

「何かに一生懸命になれるって事はそれ自体が才能」というアルの台詞に同感。私はよく「努力する才能」って言います。私には決定的にこれが欠けていると思うですよ。まあ、それを言い訳にしちゃいがちだから、あまり言うべきだとは思わないけど。中途半端にしか頑張れなくても中途半端なりに頑張るってのは大切。