はてなダイアリー精神的参入障壁

はてなダイアリーに参入することに抵抗があったとかあるとかいう話を周囲でちらほら聞きます。私自身、はてなに参入する前、またそれ以後も、違和感や軽い嫌悪感はあったと思います。それが薄れたのはblogの理念を少しは理解したのと、あとは単なる慣れ(「住めば都」というか)のためだと思っています。
友人たちがはてなダイアリーに参入してくれたら面白いなあと思う一方で、参入することに抵抗があっても仕方がないし、その抵抗が「なんとなく」としか把握できていないものでも(いや、そうだからこそ)、残念だけど仕方がないなぁと思っています。
2chやふたばへの直接的な(間接的ではない)言及やアクセスを「なんとなく」何年経っても避けてしまう私としては、仕方ないなあと思うしかないです。もちろん、2chはてなダイアリーは同じではないのですが、「なんとなく」レベルにおいては似たような抵抗があると思います。私の場合はそうなのであって、逆の場合もあるだろうなと思っています。
この手の話を私のように適当にはぐらかさないで語っている人もいらっしゃるので、気になる方はblog周辺の話題を検索してみるといいかもしれません。
とっかかりとしてどこら辺を見たらいいのか紹介したいところなのですが、お隣の部屋が「お盛ん」でして、いらいらするので外出するため今すぐはできません。ごめんなさい。