『クロノクルセイド』1話「シスターロゼット」

仏像評価 8
新番組。月曜日26時28分よりフジテレビで。『フルメタル・パニック?ふもっふ』の後釜。前回も今回もこの時間枠には何か懐かしいテイスト(私が中高生の頃の感じ)を感じているのですが、それはつまり富士見系が懐かしい感じがするということなのかな。時代云々より、私が電撃系や講談社ノベルス系に走ったせいで、『フルメタル・パニック?ふもっふ』や『クロノクルセイド』のような作品に懐かしさを感じたのかもしれません。漫画誌ライトノベル誌の色分けをしてみたら面白いかもしれない。探せばそういう分析あるんでしょうね。たぶん。
本作、私は原作読者なのでよほどのことがない限り最後まで観ると思います。
1920年代の米国を舞台にエクソシスト集団マグダラ修道会のシスターロゼットと彼女の助手のクロノが悪魔と戦っていくお話。今回はロゼットとクロノを軽く紹介といった話。今原作を読み返しているわけではないですが、だいたい原作通りの展開ですね。
ロゼットに川上とも子声は良かったと思います。あのくらい元気なのが良い。萌えー。
1話を観て、今後良いアニメをつくっていく材料は十分にあると思いました。『PEACE MAKER 鐵』と同様、仮に一時的にやばいことになっても様子をみる価値はあると思います。
重くなっていく物語後半の描き方に期待。