2004年最初のおはようございます。年末年始特別感消失。

中学生の頃までは年末年始って何か特別なもの感たっぷりだったのですけど、今はただの休める日になってしまいました。年をとって冷めてしまったというのもあるのでしょうけど、年賀状や初詣、おせち、帰省などのイベントをどれもやらなくなってしまったというのも一因かもしれません。その原因は何かといえば、冷めてしまったからに行き着くかもしれませんが。それから、大晦日はかつては徹夜できる唯一の日でしたが今は徹夜なんていつでもできるので特別なもの感がなくなってしまったというのもあるのでしょう。
今の私にとってかつての大晦日、正月、クリスマス、誕生日などに匹敵するイベントは夏と冬のコミケだけですね。それがかろうじて私の人生に半年ごとの区切りをつけてくれる。それすらもどうでもよくなってしまった時、私は今が何年なのかわからなくなってしまうでしょう(さすがにそこまではないだろうけど/笑)。