帰宅が遅くなった理由。

自分のタスクは19時には片付いていたのですが、仕事が大変そうな同じ会社の同期の人を発見。1ヶ月以上原因・解決策不明のプログラムの不具合について相談を受けたら、いつの間にか23時過ぎに。一応、不具合は解消。とても感謝されて気持ちが良かったけど、私が指摘したのはごくごく基本的なことで、その不具合はよくある関わっている人には見えづらいけれど外部からはすぐわかる問題なのでした。プログラムに限らず、そういうことってあると思います。盲点みたいなもの。
自分の盲点はどうせ自分には見えないものです。盲点がある/あったことは恥ずかしいことではないと私は思います。自分の盲点を見ることのできる仲間/好敵手を得ることが大切。そう思うのです。