『鋼の錬金術師』14話「破壊の右手」

仏像評価 8.5
前半諸事情により観れませんでした。
賢者の石の研究をしていたが、自らの研究が戦場でどのような使われ方をするかを知り軍を脱走したマルコーに会いに行くエドとアル。マルコーの家で賢者の石試作版を発見。そこにやってくるグラン准将配下の国家錬金術師たち。連行されるマルコー。マルコーを護送する車をスカーが襲撃。グラン瞬殺。マルコーを連れ、逃げるエドとアル。強いスカー。そこへアームストロング少佐到着。彼はヒューズ中佐の命でエドとアルの護衛の任に就いていた。戦いをアームストロングに任せ逃げるエドとアル。
一方描かれるのはリオールの町の惨状。ちょっとした独り立ち宣言。
イシュヴァールの乱の描き方はどうなるのかなー。右とか左とかうるさい人たちが何か言いそうだ。