業務を知らないとプログラミングにも支障をきたす。

当たり前と言えば当たり前なのですけどね。道具はそれが使用される場面を想定してつくるものです。コンピュータシステムは問題なく動いているようにみえても、実は業務上要らないシステムであったり、出てくるものが多すぎたり少なすぎたり、法的に必要な帳票のために必要なデータが見づらかったり、そんなこともたまにあったりします。色んな障害解決の方法がある時に、どの方法が最適解かを決めるためにユーザ側と話すこともあります。