『ガングレイヴ』23話「DAUGHTER」

仏像評価 9
グレイヴとベア・ウォーケンの決闘。
ミレニオンの男同士の悲しい戦い。ビッグダディと娘の板挟みになったベアは娘を選び、ビッグダディ(&マリア)とハリーの板挟みになったブランドンはビッグダディを選んだ。
ベアは刀で勝負。銃に太刀打ちできるのかと思いましたが、スペリオール化したベアの刀一振りは屋敷をぶったぎる威力なのでした。でも慢心ゆえにベア敗退。というか無理のある慢心だったような。ベアの性格を考えると。それともスペリオール化の影響か。
最後はグレイヴにけじめをつけてくれるように頼むベア。ベアは最後に娘、シェリーと過ごした日々を思い出していた。引き金を引くグレイヴ。
残るは、九頭とハリーか。
機関銃付棺桶を破壊されたのは痛いと思った。