『十兵衛ちゃん2 シベリア柳生の逆襲』10話「あの日のワタシに戻ってた」

仏像評価 9.5
父、彩の記憶を封印してしまった自由。帰る場所はない、と自由は言うのだった。自由の帰る場所は彩だったというのに。
御影は自由の戦いに命を捧げる覚悟。ミックに彩を任せて、御影は自由をラブリー眼帯を手にしたまま樹木化した鮎之介のもとへ連れて行く。二代目柳生十兵衛の戦いを自由に思い出させるために。
彩はミックを倒して御影と自由を追いかける。たとえ御影でも自由をわけのわからない戦いに巻き込むのは許さない、と。
フリーシャはシベリア柳生と戯れていた。
挿入歌、好きです。ちょっと『フルーツバスケット』思い出します。