人が亡くなるといろいろありますね

今回、私が参加した葬儀の喪主は私の叔父でした。叔父をみていて喪主は大変だなと思いました。自分の家の中で1番早く現場に着いて、いつのまにか母の代理役になっていたのと、祖父に溺愛された初孫という立場とがあって、医師や葬儀屋との話にずっと同席させてもらっていました。
私も順当に行けばそのうち1回か2回は喪主にならないといけないのですが、参考になりました。突然親が亡くなったらどうしようか、なんてこと考えて不安になることがたまにあったので。親には健康に長生きしてほしいけど、それとは別の避けては通れない話としてついつい考えてしまうのですよ。
喪主になるなら嫁さんいないときついかなーなんてことも思いました。葬式だけじゃなくて、一家の長男という立場がのしかかってくる場面が増えてきて、社会人になっちゃったなあとつくづく感じるのです。