今更「どこの誰ですか」とは聞けない親戚たち

何度か会っていても、年に1回会うか会わないかでは忘れちゃいますよ。
今は適当にあしらってすんでいるけど、そろそろリストつくらないとな(笑)。
「あんなにちっちゃかったのに、こんなに大きくなって……」と言ってくる見知らぬオジサン・オバサンという現象はきっと誰にもあることで仕方ないのですが、私の場合は見知っているのに「どこ」の「誰か」を忘れちゃうので困るのです。