預金通帳

自分の銀行口座の預金通帳を眺めていると、色んな懐かしいことが思い出されます。
何も知らない人にはただの日付と金額の羅列でも、私がみれば、それは初バイトだったり合宿だったりコミケだったり仕送りがなかなかこなくて大変な日々だったり、その他色々な情報が付加されて、通帳は1つの歴史年表となります。
初任給もらう前の残高が72円だったのには笑いました。今だから笑えるんだけど(笑)。今はその頃の10000倍以上の残高があって、ちょっとした達成感。
お金が全てではないけれど*1、通帳には癒されるんですよ。

*1:当たり前だね。