奥浩哉『GANTZ』9〜13 ヤングジャンプ・コミックス(集英社)

仏像評価 9
一気に買ってきて、一気に読んでしまいました。
9巻。VSチビ星人。玄野、初のタイムオーバー。再び0点から。後日、チビ星人が玄野の学校を急襲。あの連中、普通に地球人を襲うこともできるんですな。学級壊滅。玄野に彼女ができる。
10巻。チビ星人殲滅。玄野の彼女の名前は小島多恵。超能力者の師弟、坂田と桜井登場。超能力でいじめっ子虐殺。世界一の強さを求める男、風登場。多恵の存在が初めて玄野に「生きたい」と思わせる。
11巻。和泉による新宿大虐殺。
12巻。恐竜王国へ。
13巻。最近、星人が主人公たちと言葉でコミュニケーションできるようになってきた。多恵と出会い、また戦場で皆から頼りにされることで、加藤の遺志を継ぐ決意をした玄野。和泉がパンダを抱いてラスボスから逃げてきたシーンはおかしかった。
守るべきものができて、玄野は成長した。このまま玄野の成長物語で終わるのか。一筋縄ではいかない展開を期待する。