今野緒雪『マリア様がみてる 特別でないただの一日』コバルト文庫、2004年

仏像評価 8.5
マリア様がみてる 18 特別でないただの一日 (コバルト文庫)
無難にマリみてだった。
いよいよリリアンの文化祭。山百合会による劇と、細川一家騒動。紅薔薇姉妹結成1周年。
志摩子さんのお父さん素敵です。
リリアンの1年が描かれるのにかかったのは6年。祥子さまたちが卒業するまで作中ではあと半年だけど、読者にとってまだまだ先は長そうだ。