『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』2話「戦いを呼ぶもの」

仏像評価 9
OP始まるとわくわくする。私はSEED好きだな。
地球軍の強化人間風味3名は奪ったMSで宇宙へ脱出。追いかけるシンとレイ。ルナマリアも赤ザクで追いかけるが故障のためミネルバに帰還。デュランダル議長を追いかけてアスランカガリの乗ったザクもミネルバへ。役者がそろってミネルバ発進。
宇宙ではミラージュコロイド搭載の地球軍の戦艦ガーティー・ルーによる奇襲攻撃が始まる。ダガーは「L」になって格好よくなった気がする。
ステラのNGワードは「死」。彼女の前では、死ぬとか言ってはいけません。
仮面だけど気さくな地球軍大佐ネオ・ロアノークはムウ・ラ・フラガの関係者っぽい。声一緒だし。搭乗機もメビウスゼロの発展系MAエグザスだし。
スラッシュザクファントムに乗るザフト軍のレイ・ザ・バレルとネオの関係は、クルーゼとフラガの関係みたいなものか。レイの声はクルーゼと一緒。もう1組クローンがいたのかな。
ルナマリアがもっと動くところを見たい。現在は圧倒的なステラ派に対抗するためにも(笑)。
(追記)ルナマリアがザクの故障で置いていかれてしまう場面はあれはあれで萌えなんだけど。