就職戦線「慶応圧勝」の理由 企業の慶応好き、早稲田いや(asahi.com)

車内広告で気になっていた記事がWeb上に載ってた。
記事の元になる情報のとり方や情報の加工の仕方に偏りは多かれ少なかれあるにせよ、以下の引用のような傾向はあるんだろうと私も感じてはいる。

 慶応出身で、現在は早稲田大学大学院ファイナンス研究科の大村敬一教授はこう話す。

 「慶応にいると、何かあるとすぐ会を作ろうとする。だから根回し、金集めの名人が慶応出身者には多い。早稲田は個人が一番だと思う人間が多い。組織に依存することは美意識に反すると考える。卒業生組織についても、就職についても同じ。情報収集やOB訪問など、就職活動を合理的に行うという意味で、慶応生が抜きんでている」

でも、そんなところも早稲田のいいところだと思う。その結果として就職活動で慶應に負けても仕方ない。というかそもそも勝敗の定義からし早慶では違うのだろう。
早稲田にも慶應にも色んな人がいるわけで、上述していることについては、早稲田=早稲田的とされているもの、慶應慶應的とされているもの、とでも読んでください。早大生らしくない早大生なんて幾らでもいるでしょう。