ドクターペッパーの名前の由来

mixiのコミュニティ[I LOVE Dr.Pepper]のトピック「名前の由来」より。

ドクターペッパー」は、19 世紀の末に、米国テキサス州ウェイコで、ウェード・モリソンと彼の経営する薬局で働いていたチャールズ・アルダートンが開発しました。
当時モリソン青年には好きな女性がいました。それは、彼に最初の仕事を与えてくれた医師、チャールズ・ペッパーの娘さんだったのです。結婚を申し込みましたが、若すぎるという理由で彼女の父親、ペッパー医師から認めてもらえませんでした。失意のうちにモリソンは、彼女の元を離れ、その情熱を新しい炭酸飲料の開発に注ぎ完成させたところ、これが大ヒット。この飲料のネーミングを彼の失恋の想い出から、彼女の父親、医師であるチャールズ・ペッパーにちなみ、「Dr Pepper(ドクターペッパー)」と名付けました。その後、ペッパー医師はモリソンの想いをくみ、娘との結婚を許したということです。

てっきり薬みたいな味がするから、薬→医者=ドクターで、原料にペッパーが含まれているからペッパーなのだと思っていた。
でもこんなレスがついていて。

ドクターペッパーのストーリーは多義に渡っており、どれが正解というのはないようです。USにあるドクターペッパー博物館にはいくつかの逸話が展示されているとか。

いろんな説を知りたい。ドクターペッパー博物館に行きたい。
ドクターペッパー博物館Webサイト(英語です)