今野緒雪『マリア様がみてる インライブラリー』コバルト文庫、2005年

仏像評価 8.5
マリア様がみてる 19 イン ライブラリ (コバルト文庫)
短編集。「チョコレートコート」と「図書館の本」がよかった。特に「チョコレートコート」が。題材自体、私の好きなテーマだし、読者には既にわかっている結末までみせずに終わるやり方も良かった。全体的に「インライブラリー」としてまとまっていて、1冊の本としてよくできていたと思う。
「図書館の本」を読んで、ようやくmixiのコミュニティ「さーこさま&みき」の意味がわかった。