20時20分退勤、20時20分帰宅(途中、書店&食事)

ちょっと無駄に職場に長居した。いくら私がマイペースだといっても、マイペースを守るためにこそ時には譲歩して「遅くまでがんばってるね」と言われなければならない。いやそんな積極的なものじゃなくて、私にだって、同僚にそそくさと帰られるとなんとなくむっとする時と場合はあるわけで、そういう同僚の「気分」とか「空気」とかを読んだ上で、時には無駄に長居するのだ。いやそれって無駄じゃないじゃん、というのはさておき。もちろんそんな細工が必要ないほどの安全保障を得ることができるようになったら、さっさと帰るよ。つまりはマイペースを維持するためのコスト内訳はなんであれ、マイペースでありたい。しかしそれはマイペースなのか、むしろマイペット=ふきそうじに便利な洗剤じゃないのか、などと自問自答しながら仏舎利をほうばる。