『巌窟王』13話「第十三幕 エデ」

仏像評価 9.5

  • エロイーズがモンテ・クリスト伯爵の切り札だったか! というわけで、ヴィルフォール主席判事の伯爵逮捕作戦は失敗。
  • ダングラールはフェルナンへの資金援助打ち切り。友情より金。
  • 主席判事の父・ノワルティエはかつて内務省のトップで、銀河帝国との和平派だったが主戦派との争いに負けて失脚した過去をもつ。
  • 主席判事は国政を動かした父を越えようとしてきたが、職権濫用による職務停止でそれもかなわぬ夢。
  • 巌窟王」を調べるフランツとドプレー。「巌窟王」は国家機密だった。やばい奴に関わってしまったと気づく。
  • アルベールはエデの過去を聞く。エデはかつては小国の王女だったが、同盟国である地球の裏切りによって国は滅亡、奴隷として売られていたところを伯爵に買われたのだった。
  • きっとエデの父を殺した地球軍の重要人物としてアルベールの父・フェルナンがいたのだと思う。そしてエデは今も復讐の思いを捨てられない。
  • エデを罵倒するアンドレアに怒る伯爵。今のところアンドレアが一番やなやつだ。
  • ヤケクソになった主席判事は伯爵邸へ。伯爵に向かって銃を突きつける。
  • 幼少期のエデが今回の最萌