『巌窟王』18話「第十八幕 決闘」

仏像評価 9.5

  • アルベールと伯爵の決闘。のはずなのだが……。
  • 約束の時間に相対する2体の甲冑。
  • 終始、伯爵のペースで決闘は進む。痛そう。
  • 決闘の場面をメルセデスに見せつける伯爵。目の前でアルベールを殺すことでエドモン・ダンテスは死んだということをメルセデスにわからせるのだ。
  • とどめをさそうとする伯爵。
  • その頃、やっと目覚めるアルベール。つまり伯爵と戦っているのは……フランツだった。
  • 巌窟王の弱点は最後まで結晶化を免れている心臓であるという情報をノワルティエから得ていたフランツ。操縦者にとどめをさすために甲冑から降りて歩いてくる伯爵。
  • 剣を振り上げた伯爵にフランツの渾身の一撃。だが、心臓を破壊するには至らなかった。
  • ようやく駆けつけたアルベール。しかし制止は間に合わず、伯爵の剣はフランツを貫いた。
  • アルベールの誕生日を祝う一言を残して、フランツはこの世を去った。
  • やはりこの作品はすごい。今後の展開を想像していたはずなのだが、それを忘れて見入ってしまった。