非モテ系の言説からキーワード巡りへ

実は、と言うまでもないかもしれないけれど、私はモテ・非モテの論争をウォッチするのが好きで、主にloveless zeroさんをポータルにしています。ちなみに私は非モテをそっと応援しています。論争に加わるつもりはないですけど。
最近は『ローゼンメイデン』界隈への対応で手一杯だったんだけど久しぶりに息抜きがてら非モテのコミュニティにダイブ。
そしたらはてなダイアリーの面白いキーワードを幾つか見つけた。
まずはサークルクラッシャー。前々からこの単語は見かけることがあって、文脈から、男性ばかりのサークルの中に紅一点の女性がいると色恋沙汰から内紛が起こりやがてサークル解体に陥る場合があり、そのような場合における紅一点をサークルクラッシャーと呼ぶのかなと考えていました。サークルクラッシャーには「結果として」なるもの、すなわち女性側は意図せざる結果としてサークルクラッシャーになってしまうのかなと考えていたんですが、このキーワードについての言説を読むと、敢えてサークルクラッシャーの道を選ぶというケースもあるようですね。私がこの言葉を使う時はどっちかというと醜態をさらす男たちの方に着目していて、彼ら自身が「サークルクラッシャー」をつくりあげてしまうんじゃないかと考えています。私の経験上はそう考える方がしっくりくるというだけですが。サークルクラッシャー現象に実際に遭遇したことは私にもありまして、それがいつどこでということは申しませんが、今も小隊規模の部隊を編成する時には気をつかいます。あと『ヤサシイワタシ』は面白そうなので読んでみようと思った。
次に小二病中二病はよく聞く言葉だけどこれは初耳でした。水銀燈股間もぎられ隊のメンバと一緒に居る時の私はこれに罹っているかもしれない(笑)。