『スターシップ・オペレーターズ』13話(最終話)「モーメント・オブ・トゥルース」

仏像評価 9.5

  • 地球連合は王国艦隊もアマテラスも沈めてヘンリエッタ星域の新たなる支配者になろうとしていた。アマテラスの救援はそのための名目に過ぎない。
  • 地球連合軍に占拠されるスターシップチャンネルの放送局。
  • 撃沈されるコンキスタドール。エルロイ提督は地球連合が王国との密約を反故にしたとの通信を残す。
  • 王国本国では権力争いをしていた2人とも地球連合軍により射殺される。
  • 地球連合軍により偽の報道がなされる。投降勧告に従わなかった王国艦コンキスタドールを撃沈したと。この手口でアマテラスも処分するつもりだったのだろう。
  • ピーターが決死の覚悟で最後の中継を再開させる。
  • アマテラスを地球連合艦隊に突入させ、一方的な攻撃を受けているところを全銀河に放映し視聴者を味方につける。それがアマテラス最後の作戦。
  • 艦と運命をともにすることを選んだシメイ以外はアマテラスを脱出。
  • アマテラスは地球連合艦隊を巻き込んで自沈。また地球連合艦隊による一方的なアマテラスへの攻撃は全銀河の知るところとなる。
  • ここから先は本当に政治の話なんだろうね。
  • 1クールの中でうまくまとまったと評価していいんじゃないかな。面白かった。原作も読んでみたくなった。