『ゾイド ジェネシス』24話「驕り」

仏像評価 8.5

  • 世界各地(ロンによれば大陸の各地)から集まった反ディガルドの軍は数だけは揃ったが統制がとれていない。ラ・カンがしっかり統制をとらないと烏合の衆になってしまうだろう。反ディガルドゲリラとしての戦い方と正規軍としての戦い方は違う。
  • バイオゾイドが出たと聞いて勝手に出陣する反ディガルド軍。数で勝るにも関わらず負けそうになっている彼らを救ったのはハヤテライガーなのだが、それに気づかず大勝に驕る。
  • 険しい表情のティゼ。集まった軍勢の中では唯一頼れそうな男。