荒川弘『鋼の錬金術師』11 スクウェア・エニックス、2005年

仏像評価 8

鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)

  • 人体錬成についてこれまでの理論が否定される。
  • 人体錬成しようとした時にできるものは死者が生き返ったものではない。死者は死んでいる以上なにものとも交換できないのだ。
  • エドは、アルの身体はまだどこかで生きているのではないか、という仮説を立てる。