『タイドライン・ブルー』5話「攻撃」

仏像評価 8.5

  • 戦争を続けるテンゲルと魏の国に対し、戦争をやめるようにテンゲル基地への通常ミサイル攻撃を行い、魏の国へは核攻撃予告をするグールド。テンゲル基地への攻撃に憤るキールだったが、戦争が終結することによって訪れた平和に喜ぶ村人たちをみて、グールドの判断が良いのか悪いのかわからなくなってしまった。
  • 新国連は宇宙から送られてくるデータにより現在の世界地図を所持していた。高度な情報施設も。世界に展開する新国連軍がユリシーズを包囲する。